目の下のクマを撃退する【印象の良い顔へ変身】

顔の悩み

女性医師

切る手術を受ける人が減ってきました

年齢を重ねると、全身の皮膚が衰えてたるみの症状が現れてくるようになります。たるみの症状が特に顕著に現れてくるのは、なんといっても顔です。顔の皮膚は体の他の部分の皮膚よりも薄いため、たるみの症状が早いうちから現れてきます。また、衣服で隠すことができませんので、どうしても目立ってしまうことになります。顔の肌がたるんでいると実年齢よりも老けて見えるようになってしまうため、悩んでしまう人が少なくありません。この悩みを一番手っ取り早く解決することができる方法が、美容外科クリニックで行われているフェイスリフト手術です。昔から、メスを用いるフェイスリフト手術を受ける人が大勢いましたが、ここ数年は切らないフェイスリフト手術を受ける人が多くなってきています。

新しい方法で治療を受ける人が増えそうです

美容外科分野の治療方法は日進月歩の進化を続けています。肌のたるみを取るフェイスリフト手術も、10年前とは治療方法が大きく変わっています。一昔前までは、目立たない部分をメスで切開し、そこからたるんだ皮膚をギュッと引っ張り上げる治療が主流になっていましたが、現在ではその方法で治療を受ける人の数が大幅に減っています。その代わりに増えてきたのが、注射や特殊な糸を用いるフェイスリフト手術です。皮膚にメスを入れれば回復までに長い時間がかかりますし、強い痛みや腫れが起こる可能性も高くなります。でも、注射や特殊な糸を用いる方法であれば、そのようなリスクを軽減することが可能です。なるべく負担のかからない方法で治療を受けたいと希望する人が大半ですので、今後は新しい治療方法を採用する人がさらに増えるだろうと考えられています。