目の下のクマを撃退する【印象の良い顔へ変身】

ニキビの悩み

果物

ニキビ跡が肌に残ってしまったら

ニキビ跡は、ニキビが治った後に残る赤みや色素沈着、毛穴の開きやクレーターのことです。 炎症したニキビが、肌の細胞を壊してしまうことで、コラーゲン組織が変形して、クレーターのようなへこみが残ってしまう場合があります。 肌のへこみが出来てしまうと、残念ながら自己流のスキンケアだけでは完全には治りません。 時間が過ぎれば、元の肌に戻るということも難しくなります。 クレーターのニキビ跡が残ってしまった場合は、医療レーザーで治療することが効果的です。 肌の奥の真皮を回復させる、クールタッチレーザーや、古い角質を除去して新しい肌を作るフラクショナルレーザーをお勧めします。 これらのレーザーは、ニキビ跡だけでなく、肌全体の若返り効果も期待できます。

クレーターを治す為には

にきび跡が残ってしまったら、早めに治療を開始することが大事です。 美容外科クリニックでは、個人の肌状態に合わせた治療法を考えます。 何回通えば、効果が出るのかは、肌状態によって変わります。 ニキビ跡の症状が軽ければ、少ない回数で治る場合もありますが、深いクレーターの場合、何度かレーザーを受ける必要があります。 レーザーは保険外治療の為、高額になる可能性もありますが、悩んでいるニキビ跡にとても効果があります。 クレーターのへこみが目立たなくなれば、化粧ノリも良くなり、メイクをして人と会うことが楽しみになりますね。 諦めずに、綺麗になると信じて、美容外科クリニックに通い続ければ、必ず肌は綺麗になれるはずです。